着物の買取はココ

喪服の買取を避ける傾向

タンスの中で休眠状態の着物がある方、多いと思います。
着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。
しかも小袖類に比べて、振袖は管理も他の着物に比べ負担感が増します。
もう着ないと考えられる着物ならば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。
生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。
つい最近、祖母の形見だった着物を着物の買取専門業者があると聞き、訪ねてみました。
おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物がかわいそうだし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。
何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。
和服の買取をしてもらおうというときに、喪服だけは気をつけなければいけません。
ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。
葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、きわめて少ないからです。

 

 

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、あまり多くはありませんが、買取対象に喪服を含むところもあるので、まずはそこに確認してみると良いでしょう。
一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。
小物も同時に買い取りたいのがわかります。
ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえば幅広い品を買い取れるので査定価格に若干上乗せしてくれるといった裏技があります。
たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があればこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。
不要になった和服を売りに出すとき、引取り額がわからないと不安になりますね。
大まかな相場をとりあえず知りたいと思う人も多いはず。
とはいえ着物類は、紬や友禅と呼ばれるもののほか、新しいかどうか、状態などでも価格が異なるので、簡単には相場はわかりません。
仮に同じ程度の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。
和服専門の鑑定士がいる業者に査定依頼を出す方がより高い値になるのは確実です。