着物の買取はココ

できればお店へ

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど売れないと恥ずかしい。
そんな方もいるでしょう。
ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。
また素材や技法によって価値が決まるのでとても素人判断ができるものではありません。
ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。
比較的新しいブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため仕入れておけばすぐに売れるからです。
リサイクルブームがひとつの契機となって、もう着ない和服買取をしてくれる業者というのがとても多くなりました。
ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、一番留意すべきは買取実績がある業者のふりをして、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった詐欺的行為をしている業者もあるそうで、古物商の認可ぐらいは確認したほうが良さそうです。
整理ダンスにしまってある古びた着物の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。
近頃はプロの買取業者さんというのが増えているのをご存知ですか。

 

大事にしまってある思い出深い着物でも、誰かの役に立てると思うと爽快な気分になります。
査定料や相談料が無料の業者さんも多く、依頼してみる価値はあると思います。
訪問着や紬などは意外と、高値になることもありえます。
大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。
よく聞くトラブルというと、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。
事前に業者のクチコミなどの情報収集をし、吟味した上で査定を依頼し、また、中身の写真を撮っておくというのも良いかもしれません。
発送伝票も大切に保存しておいてください。
着物買取の前には必ず査定がありますが、お店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは何とか高く売りたいと思う方は、できればお店へ持って行きましょう
自分が満足できる査定額でなかった場合に、出張よりは断りやすいと考えられます。
いろいろな事情で出張査定しかない場合、どこでも無料で出張査定してくれ、査定後の買取中止も無料でできるときちんと明記しているか、調べてください。